借入とはどのようなことか

 

借入とは金融機関などからお金を借りることで、様々なことを目的に借りることができます。ローンと似ていますが、ローンよりも目的がはっきりとしていなく、使用の目的が制限されていないのが特徴です。ですが、基本的に金融機関からお金を借りた場合、そのすべてが借入と呼ばれています。そのためローンであっても借入と呼んでいることが多いです。ローンを申し込んだ際、現在の借入額や他社からの借入額を記入するところがありますが、この場合の借入とは、すべての金融機関や消費者金融から借りている金額を記入します。借金の総額のことを指しているので、きちんと書かなくてはなりません。ですが、借入金額を記入する場合、申告をしなくてはならないものとしなくても良いものとがあります。申告しなくてはならないものには、フリーローン、カードローン、自動車ローン、教育ローンなどがあります。一方申告しなくて良いものには住宅ローン、奨学金、携帯電話などの分割払い、個人的な借入、クレジットカードのショッピング枠があります。

住宅ローンは記入するよう指定されていることもあるので、その場合は、きちんと記入するようにします。なお、教育ローンと奨学金の違いは、どこから借り入れているかという点にあります。奨学金は主に日本学生支援機構から借り入れていることが多く、教育ローンは、銀行といった金融機関から借り入れています。奨学金は金融機関から借り入れているのではないので、記入はしません。借入を申告しなくてはならないのは、お金を貸しても大丈夫かどうかを判断するためです。特にカードローンを消費者金融で申し込みたい場合は、他から借りている金額が年収の3分の1に達してしまうとそれ以上は借入できない仕組みになっています。借り入れが多ければ多いほど必要なローンが組みにくくなるので、安易に行わないようにするのが大切となります。自分はどこからどのくらい借りているのかもしっかりと把握するようにします。(借入れする方法

リボ払い金利とのキャッシング借入利息の違い

 

最近は、クレジットカード会社のリボ払いを利用する人が増えており、高額なショッピングをしても、毎月一定額の支払いをすることで決済を先延ばしにする仕組みが人気になっています。また、銀行のカードローンや消費者金融会社のキャッシングも人気で、さまざまな借入方法が提供されています。今回は、リボ払い金利とキャッシング借入金利の違いについて、ご説明します。クレジットカードで20万円のショッピングを行って、毎月1万円のリボ払いを設定すると、請求日に1万円の引き落としがあり、残りの残額である19万円にはリボ払い金利がついて、支払いが先延ばしになります。クレジットカード会社の多くは、リボ払い金利として、15パーセントを設定しているところがほとんどです。つまり、クレジットカードのリボ払いを行うということは、15パーセントのキャッシングを行っていることと、ほとんど同じになっています。銀行のカードローンや消費者金融会社のキャッシングで20万円を借りる場合、利息制限法の上限は18パーセントになっています。

借入を行うひとのクレジットヒストリーなどによって、適用される利息は変わってきますが、上限の18パーセントの水準は、一般的なリボ払い金利である15パーセントとそれほど変わらない高金利です。クレジットカードのリボ払いは、お金を借りているという感覚があまりありませんが、高金利のキャッシングを行って、毎月一定額ずつ返済していることとほぼ同じ形になることから、きちんと仕組みを理解して使う必要があります。クレジットカード会社はリボ払いだけではなく、キャッシングサービスも行っており、利息制限法の上限に近い高い利息でローンを行っています。リボ払いの金利が高いのは、無担保、保証人なしのキャッシングと同じように気軽に使えるためです。リボ払い利息とキャッシング借入利息の水準が同程度になっている理由も、これらの背景があるためです。

借入可能額は借り手によって大きく変わってくる

 

消費者金融の宣伝では最高500万円まで融資可能といったアピールをしていますが、実際の融資額は借り手の返済能力に左右されます。借りられる可能性のある金額と、実際に借りられる金額はまったく違ってくるのです。限度額500万円に対応している以上は500万円を借りられる方も一部にいるわけですが、大抵は30万円~100万円くらいの融資で頭打ちになるのが普通です。一つの業者から100万円超を借りるというのは、現在ではポピュラーではありません。借り手の返済能力によって借入可能額は大きく異なりますが、初回融資では安定収入のある方であっても高額を借りるのは簡単ではありません。はじめて借りるときは30万円~50万円くらいの範囲で落ち着くと考えておくとよいでしょう。専業主婦や学生だと10万円、多くて30万円くらいに設定されるのが普通です。公務員は社会的信用度が高いので高額融資は受けやすいですが、最初から高額を借りられるわけではありません。ただし契約後はコツコツと返済することで、比較的早い段階で増額融資をされることが多いようです。

消費者金融の場合だと借入可能額は、年収の3分の1以内に設定されます。年収300万円だと100万円まで借りることができるわけですが、初回はやはり30万円~50万円くらいになるのが普通です。将来的に増額をされると50万円超も可能ですが、100万円を超えて借りるためには年収を上げるしかありません。現在の消費者金融は総量規制によって、無制限に貸出できない決まりになっています。銀行のキャッシングは総量規制の対象外であり、契約後に年収の3分の1超まで限度枠が増額される可能性はあります。契約時の借入においては消費者金融と大差のない金額ですが、将来的にはより高額の融資を受けられる可能性が高いわけです。ただし延滞にはシビアなので延滞をしないように借りることが大切となります。二度連続で延滞すると融資枠を凍結される可能性もあるので注意しましょう。

金融機関としては

 

メディアでもよく見聞きする総量規制とは、「貸付業者が一般人に過分な貸付を行なうことがないように!」という目的で、「個人への総融資額が年収の3分の1をオーバーしてはいけない」というように規制した貸付に関する法令なのです。消費者金融にてお金を借りることになった場合でも、大きい金額でなければ収入証明書は要されません。大手の消費者金融では、おおよそ50万円を下回る借金であれば、提出しなくてもOKです。借り入れ履歴に関する信用情報を確認することにより、「相手に貸したとしても返済できるかどうか」の裁定を下すのがカードローンの審査だと言えるでしょう。オートバイを購入するなど、何に使えるのかが決定されている目的別ローンは、金利の点で言えばフリーローンよりもっと低金利になっているところが特色です。カードローンの審査に落ちる要因として、特に多いのが過去の滞納です。

借入履歴が多くても、確実に返済を行っている人というのは、金融会社からすると優良な客なのです。都銀や地銀のおまとめローンは消費者金融に比べると低金利で、しかも高額ローン契約も可能なので重宝するのですが、審査のハードルが高く数日かかるところが欠点です。金融機関としては、「お金を借りるという人が確かに働いている」という証拠を得る作業を行う必要があります。それが在籍確認なわけです。貸金業法の一種である総量規制は、過度な借入れを防ぎ、一般消費者を守ってくれるルールなのですが、「総量規制に触れると、まるっきりお金を用立ててもらえなくなる」わけではないのです。CMでよく見かける消費者金融や銀行の中には、利便性の高い「無利息融資」を強みにしているところも存在します。このキャッシングで資金を調達したとしても、規定の期間内は金利がかかりません。審査を突破するのが比較的難関と言われる銀行が扱っているフリーローンは低金利で借入できるので、消費者金融取り扱いのものを利用するのと比較しても、相当負担を軽くすることができると好評です。消費者金融については、お客さんのプライバシーを尊んでくれますから、お金を借りる場合に必要とされる勤めている会社への在籍確認の電話連絡も、消費者金融からだと判明することがない様にしてくれますから問題なしです。

おまとめローンを利用するにあたっては、ほとんどの方が「どこにお願いするのが賢明なのか?」と頭を悩ますと思いますが、一先ず銀行系を選択肢にすれば確実です。最近注目されることが多いおまとめローンの一番の目的は、多数の借入金をまとめ、断然得する低金利のローンに借り換えをするという方法により返済総額を減らすことにあるので、その点を心に留めた金融業者選びをすることが大事なポイントです。近頃のキャッシングの申込方法で主力となっているのは、Webで手続きする方法です。やり方は難しいこともなく、契約に不可欠な情報を入力して送ると仮審査がスタートし、短時間で借り入れできるかどうかの答えが出ます。「お財布が軽い時に同僚に誘われた」などでお金を用意しなければいけなくなったという場合は、無利息で借り入れできる消費者金融が何個かあるので、こういった業者を利用することをおすすめします。